fit_hosyou1

フィットの補償だけでは損するかもです!

ホンダフィットのリコール作業内容(無償)が発表されましたが、納得しましたか?

2017年12月14日 更新情報
国土交通省 発表 「タカタ製エアバッグに係る更なるリコール改修促進策について」

タナカ製エアバッグのリコールが未実施の場合は、ご愛用車の『車検が通りません』

対策部品に交換されていないお客様は、一刻も早く、お近くのHonda販売会社にてリコール作業(無償)をお受けくださいますようお願い申し上げます。対象車種をご愛用のお客様には、平成30年1月10日より、おクルマの車検証に記載のご住所または、Hondaでお調べしたご住所に、HondaまたはHonda販売会社よりダイレクトメールにてご案内させていただきます。

引用:ホンダのHPより


タカタ製エアバッグ、異常破裂する危険性が高いということで私が乗っているフィットもリコール対象車種でした。


フィットに乗っていたんですが、部品交換だけという処置は正直納得いかないし、まずは買取り業者に一括無料査定をしてもらいました。


その理由は、リコール作業(無償部品交換)をしたオーナーがすぐにフィットを手放すことが予想されるので、売りが集中して今以上に価格が暴落しそうだからです。


フィットに10年以上乗り続けるつもりがないなら、まずが今すぐ相場の価格を調べて置いたほうがいいです。


⇒私が使った無料査定サービスをクリック

もう少しで、損するところでした。。

部品交換だけで納得いきますか。


今回の事件でフィットの市場価値が、一気に30万円くらい下落したらしいですから、10年以内に乗り換える可能性がある場合は下取りの時に損するのは見え見えですね。


おそらく、これからも下がるでしょう。


そこで私は、今すぐ相場の価格を確認したほうがいいと思い、いろいろ調べて次のような愛車の相場価格を調べてもらえるサイトです。


⇒私が使った無料査定サービスをクリック


↓このような感じで、たった45秒であなたの愛車のメーカー名、車種名を入力します。

↓かんたんな情報を入力するだけで、無料ですぐにその場でフィットの相場価格がわかります!
全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いようです。


⇒私が使った無料査定サービスをクリック


無料で試せるので、あなたも一度確認しておくといいかも。


私は、リコール作業(部品交換)したらすぐに乗り換える為に、次の車の見積もりもとって交渉し始めています。


この先、部品交換してすぐに乗り換えるオーナーも続出して、一気に価格が暴落することが予想されるので、乗り換える可能性が少しでもあるなら今すぐでも相場の価格を確認して、次の準備を初めておく方がいいと思います。


車は日が経てば、車両価格は下がりますので、まずは今すぐ無料査定しても損しませんし。


ちょ、ちょっと待って!


本当に下落するの?

やっぱりネットですので、現時点でこの話を100%信じることは「不可能」かと思います。ネットなんて口だけではなんとでも言えるというあなたの気持ちはよく理解できます。


まずはあなたのフィットの相場をノーリスクで”調べてほしい”んです。もしフィットの一括査定をしたとしても必ず売る必要はないので、売らなくても大丈夫です。


気楽な気持ちで、あなたのフィットの相場を見てみるといいですよ。


画面の向こうからですが、あなたの一歩を踏みだすことをお待ちしております。


⇒今すぐ無料でフィットの相場価格を見に行く